都道府県別の有効求人倍率

求職者は勤務地を現在の住居に近い場所に求めようとする傾向があるため、求人とそれに対する求職は同じ地域内で起こる傾向があります。そのため有効求人倍率の時系列遷移は都道府県ごとに異なる振舞いを示します。
厚生労働省が公開するデータに基づき、有効求人倍率の時系列推移を都道府県別にグラフ化しました。

下図は、「一般職業紹介状況」に基づき作成した、公共職業安定所の有効求人倍率の推移を7都道府県について示したグラフです。

有効求人倍率の年次推移(長期時系列)

「一般職業紹介状況」(厚生労働省)を加工して作成

関連リンク:「有効求人倍率」とは何か

スポンサーリンク

以下に、2017年3月時点の各都道府県の有効求人倍率を示します。

「一般職業紹介状況」(厚生労働省)を加工して作成

各都道府県の有効求人倍率の詳細は以下のリンクから参照できます。

各都道府県の有効求人倍率を示す地図

下に各都道府県の有効求人倍率の分布を色分け地図で示します。

各都道府県の有効求人倍率を示す地図(2017年03月)

「一般職業紹介状況」(厚生労働省)
「地球地図日本」(国土地理院)を加工して作成
http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.html

  1. 関連リンク
    1. 有効求人倍率の年次推移(長期時系列)
    2. 就職内定率の年次推移
スポンサーリンク