の卒業者の進路データ

の卒業者の進路データを下に示しています。
就職や進学など卒業者の進路の分類と比率、および就職した者についてはその職業の分類と比率を学科・専攻ごとに示しています。


大学一覧に戻る

スポンサーリンク

の年次別学生数

下のグラフは の年次別学生数を男女別に示しています。学生数や男女比は、大学生活の質に多大に影響します。入試を控える高校生や、専攻を検討している大学生は、志望する学科・専攻にどれだけの人数がいるのか調査を事前にしておくべきでしょう。

年次別学生数

「大学基本情報 2016」(大学改革支援・学位授与機構)を加工して作成

の卒業生の進路

の卒業者の進路を下のグラフに示します。

卒業者の進路 男 卒業者の進路 女

「大学基本情報 2016」(大学改革支援・学位授与機構)を加工して作成

の就職者の職業

の卒業者のうち、就職した者について、就いた職業の分類を下のグラフに示します。

就職者の職業 男 就職者の職業 女

「大学基本情報 2016」(大学改革支援・学位授与機構)を加工して作成

注:職業「研究者」はポスドク等を含みます。

スポンサーリンク
 

進路データの見方

志望大学と学科を選ぼうとしている高校生は、その大学・学科の進路データは必ず見てください。もし卒業者の進路データを見た時に、専攻と関係のない職業に就いた人の割合が多いという状況が見られた場合、きちんと理由を調べる必要があるでしょう。あるいは大学院への進学率が異常に高い学科では、専攻が就職市場で不利なために就職できないからやむを得ず大学院に進学しているという人が多いだけなのかもしれません。では、院卒者の進路データはどうなっているでしょう?「就職準備中」の割合が多かったり、大学院卒なのに専攻と関係のない仕事に就いた人が多いということでは、それは要注意かと思います。
志望があって大学に行くのに、大学生活の期間中だけ夢が実現されて、その後は不本意ながらも関係のない仕事を続けてしまうということでは、本人にとって意味がありません。大学生活とは将来ありたい姿を実現するための過程であって、目的ではないからです。卒業後に目的を継続的に果たせている先輩がどれぐらいいるのかが進路データから読み取れます。

大学一覧に戻る