千葉県の世帯年収の統計分布

政府が公開するデータに基づき、千葉県内の居住者の世帯年収の統計分布を示しています。
世帯年収の分布は、世帯人員数、世帯主の年齢、市区町村により変化します。分布の様子をグラフと千葉県の地図により表示しています。

世帯人員数と世帯年収の関係

千葉県における世帯年収の分布を下図に示します。
「住宅の所有」、「世帯人員数」を選択することで母集団を変更し円グラフを更新できます。

住宅の所有
世帯人員数

世帯年収の分布
「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)を加工して作成

統計の基となった世帯の世帯人員数の分布を下図に示します。

世帯人員数の分布
「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)を加工して作成
スポンサーリンク

世帯主の年齢と世帯年収の関係

世帯主の年齢別に千葉県における世帯年収の分布を下図に示します。
「世帯主の年齢」を選択することで母集団を変更し円グラフを更新できます。

住宅の所有
世帯主の年齢

世帯年収の分布
「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)を加工して作成

持ち家と借家(賃貸)の世帯について世帯年収の分布を比較すると、おおよそどの年齢層においても持ち家の世帯の方が高収入側に傾く傾向があります。

住宅の所有別 世帯主の年収分布
「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)を加工して作成

住宅の所有を持ち家と借家に分けて世帯主の年齢別に各世帯の割合をまとめた結果を下図に示します。

世帯主の年齢別住宅の所有の関係
「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)を加工して作成

市区町村別 世帯年収が1000万円以上の世帯の割合

下図に千葉県内の各市区町村別に世帯年収が1000万円以上となる世帯の割合をカラーマップで表した地図を示します。

市区町村別 世帯年収が1000万円以上の世帯の割合 地図
「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)
「地球地図日本」(国土地理院)を加工して作成

千葉県内で世帯年収が1000万円以上の世帯の割合が最も多い市区町村は浦安市であり、その割合は16.0%でした。
2番目に割合が高い市区町村は流山市であり、12.5%でした。
3番目に割合が高い市区町村は印西市であり、11.3%でした。
下表に千葉県内の市区町村を世帯年収が1000万円以上の世帯の割合が多い順にランキング形式で示します。

順位市区町村世帯年収1000万円以上の世帯の割合 1位浦安市16.0% 2位流山市12.5% 3位印西市11.3% 4位習志野市11.0% 5位我孫子市9.6% 6位白井市8.9% 7位千葉市8.5% 8位市川市8.4% 9位船橋市8.3% 10位柏市8.1% 11位四街道市8.0% 12位松戸市7.9% 13位佐倉市7.7% 14位袖ケ浦市7.5% 15位旭市7.3% 16位君津市7.3% 17位八千代市7.2% 18位栄町7.1% 19位成田市7.0% 20位大網白里市6.7% 21位横芝光町6.5% 22位木更津市6.2% 23位香取市6.0% 24位鎌ケ谷市5.8% 25位市原市5.7% 26位茂原市5.6% 27位富里市5.5% 28位匝瑳市5.3% 29位富津市5.0% 30位酒々井町4.9% 31位銚子市4.8% 32位野田市4.8% 33位九十九里町4.8% 34位山武市4.6% 35位東金市4.6% 36位鴨川市4.5% 37位八街市4.4% 38位いすみ市4.3% 39位館山市3.4% 40位勝浦市3.3% 41位南房総市3.1%

「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)を加工して作成

各都道府県の世帯年収の統計は以下のリンクから表示できます。

全国北海道青森県岩手県 宮城県秋田県山形県福島県 茨城県栃木県群馬県埼玉県 千葉県東京都神奈川県新潟県 富山県石川県福井県山梨県 長野県岐阜県静岡県愛知県 三重県滋賀県京都府大阪府 兵庫県奈良県和歌山県鳥取県 島根県岡山県広島県山口県 徳島県香川県愛媛県高知県 福岡県佐賀県長崎県熊本県 大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
  1. 関連リンク
    1. 千葉県内の平均年収が高い市区町村
    2. 千葉県の世帯の貯蓄・資産・負債額の平均
    3. 20代世帯の貯蓄・負債額の平均と分布
    4. 30代世帯の貯蓄・負債額の平均と分布
    5. 40代世帯の貯蓄・負債額の平均と分布
    6. 50代世帯の貯蓄・負債額の平均と分布
    7. 60代世帯の貯蓄・負債額の平均と分布
スポンサーリンク
スポンサーリンク